プログラミング教育について

CCN KIDS PROGRAMMINGは「自らの力で世界に羽ばたける基礎スキルを持った子供たちの育成」を理念に掲げています。これを実現するために、最新のプログラミング教育教材を開発し、テクノロジーの啓蒙からエンジニア、ビジネスリーダーを育成/輩出する3つの事業領域を展開する、コードキャンプ株式会社とパートナー契約を締結いたしました。

これにより、最新テクノロジーを盛りこんだIT最先端の教育を提供することが可能となりました。

 

プログラミングについて

MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した「ScratchJr」でプログラミングの基礎的な概念を理解した後に、SpheroやOzobotなどのロボットをプログラミングして制御するなど、プログラミングの入門コースです。

 

MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した「Scratch」でプログラミングを学びます。
基礎的な概念を理解した後に、シューティングゲームやアクションゲームなど本格的な開発を始め、チームプログラミングや開発した作品をオンラインコミュニティに公開することも可能です。

 

年長から小学校低学年向けの、iPadで進めていくロボットプログラミングと、小学校高学年から中学生向けのPCで進めていくスクラッチプログラミングの違いは、文字打ち(タイピング)とマウス操作が関係してきます。しかしながら、それ以外の基本的な学びの要素は同じです。

例えば小学校低学年向けのロボットプログラミングでどのように授業が進んでいくか見てみましょう。

操作端末は違えど、小学校高学年から中学生が対象のスクラッチプログラミングでも、学びの要素は同じです。

是非一度無料体験授業に参加されてはいかがでしょうか?

無料体験授業レポートはこちらをクリック。